2020年9月26日 14:46

東北のリゾート列車が臨時運行 「うみねこ」ファンに感謝

 青森県と岩手県の沿岸部を走るJR八戸線を中心に運行されてきた観光列車「リゾートうみねこ」が26日、沿線住民やファンに感謝を告げるため臨時で運行された。老朽化のため3月に定期運行を終えていた。出発した青森県八戸市の八戸駅では、多くの人が詰め掛けた。

 ホームには「ありがとうリゾートうみねこ」の横断幕が掲げられ、出発する列車に集まった人たちが手を振ったり、写真を撮ったりしながら見送った。盛岡市の団体職員成田浩子さん(32)は「沿線の風景がとにかく良くて、見ていて楽しい。もっと乗りたかった」と名残惜しそうだった。27日も運行される。