2020年12月3日 22:06

大阪、府民に外出自粛要請 病床逼迫、初の「赤信号」

 大阪府は3日、新型コロナ対策本部会議を開き、独自基準「大阪モデル」の警戒度を、非常事態を示す「赤信号」に引き上げた。新型コロナ特措法に基づき4日から15日まで、府民にできる限り不要不急の外出を自粛するよう求め、大阪市の一部に出している飲食店への時短営業要請を延長、府立学校での一部活動も制限するが通常授業は続ける。

 感染者の増加に伴う重症者向け病床の逼迫を踏まえたもので、赤信号の点灯は5月のモデル策定以来初めて。吉村洋文知事は会議後の取材に「医療非常事態宣言を発令する。緊急事態宣言とは違うが、今はその一歩、二歩手前だ」と話し、府民の理解を求めた。