2021年4月9日 13:28

元衆議院議員の重野安正氏が死去 元社民党幹事長

 社民党で幹事長などを務めた元衆議院議員の重野安正(しげの・やすまさ)氏が9日午前4時35分、心筋梗塞のため大分市内で死去した。79歳。大分県出身。葬儀・告別式は11日午後1時から大分市住吉町1丁目3の45、葵会館・住吉斎場で。喪主は長男正隆(まさたか)氏。

 大分県職員を経て1975年から大分県議を7期。2000年に衆院比例九州で初当選し、3期務めた。

 12年の衆院選に大分2区から出馬を予定していたが、直前に脳梗塞で入院し断念した。