2021年4月12日 15:25

ロシア、英雄ガガーリンを誇示 初の有人宇宙飛行から60年

 【モスクワ共同】旧ソ連が1961年に人類初の有人宇宙飛行を遂げてから12日で60年。宇宙飛行士ガガーリンを英雄視するロシアでは各地で関連イベントを開催。宇宙開発の技術力には陰りが見える中、政権は過去の栄光を誇示し、国威発揚に利用する狙いとみられる。

 ガガーリンは航空士官学校を卒業後、宇宙飛行士に選抜され、地球の1周に成功。一躍人気者になったが、約7年後、ジェット機訓練中の事故で34歳の若さで死去した。

 ロシアで12日は「宇宙飛行士の日」とされる。モスクワでは「私たちが最初だ!」とのポスターが掲げられ、メディアは知人らが明かすガガーリン秘話を取り上げた。