2021年4月12日 20:37

やまゆり園でのパラ採火中止を 遺族ら相模原市に要請

 相模原市が東京パラリンピックの聖火を、2016年7月に入所者ら45人が殺傷された知的障害者施設「津久井やまゆり園」で採取すると発表したことを受け、遺族や被害者家族が市や神奈川県に採火の中止を求めることが12日、分かった。

 事件で犠牲になった美帆さん=当時(19)=の遺族の代理人弁護士と、長男が重傷を負った尾野剛志さん(77)が連名で、13日付の要請書を県と市に送付した。要請書によると、遺族は「家族が犠牲になった場所で採火が行われるのは違和感がある」として、再考を求めている。尾野さんは13日、別の文書も市の担当者に渡し、会場変更を求める予定。