2021年5月2日 13:34

静岡の突風、建物被害92棟 牧之原市、竜巻の可能性を調査

 静岡県中部で1日夜に発生した突風で、牧之原市は2日、午前11時半現在で倉庫など3棟の全壊が判明、屋根がはがれたり窓ガラスが割れたりするなどの一部損壊と合わせ、計92棟の建物に被害があったと明らかにした。静岡地方気象台は、竜巻だった可能性があるとみて、職員を現地に派遣して詳しく調べている。

 県と牧之原市によると、突風は午後6時40分ごろ発生した。同市布引原、勝田、切山、坂部の各地区で被害が出た。外壁を損傷した住宅もある。複数の車の横転や電柱が倒れ、倒木も確認されている。男女3人が足の甲をガラスの破片で切るなどして軽傷を負った。