2021年6月5日 06:53

半世紀ぶり、青梅に映画館復活 文化財活用、地域交流の場に

 東京都青梅市にミニシアター「シネマネコ」が4日、オープンし、半世紀ぶりに市内に映画館が復活した。建物は国登録有形文化財の木造建築物をリノベーション。歴史ある建物の良さを生かした開放感のある館内にはカフェも併設。文化の発信と地域交流の場としての活用を目指している。

 手掛けたのは、市内で飲食業を営む菊池康弘さん(39)。菊池さんは2018年にプロジェクトを立ち上げた。事業費約1億円は経済産業省の助成金とクラウドファンディングを活用。木造平屋建ての「旧都立繊維試験場」を改修し、63席の座席は、閉館した新潟県十日町市のミニシアターが保管していたものを譲り受けた。