2021年6月12日 10:47

金正恩氏「攻撃態勢堅持」と強調 軍事委開催、米けん制か

 【北京共同】北朝鮮の朝鮮中央通信は12日、朝鮮労働党中央軍事委員会の拡大会議が11日、平壌で開かれたと伝えた。委員長を務める金正恩総書記が指導し、軍の恒久的な戦略課題と武力強化策を指示。軍がいつでも攻撃可能な「高度な撃動態勢」を堅持しなければならないと強調した。

 金氏とトランプ前米大統領による史上初の米朝首脳会談から12日で3年。米朝関係が膠着する中、バイデン政権をけん制する狙いもありそうだ。

 金氏は今年1月の党大会で、米本土を狙う大陸間弾道ミサイル改良や戦術核開発など核戦力の増強を表明した。会議では開発状況や配備計画について確認した可能性がある。