2021年6月16日 13:02

大阪、まん延防止移行へ要請決定 京都・兵庫と共同歩調

 大阪府は16日、新型コロナの対策本部会議を開いた。緊急事態宣言が期限通りの20日に解除された場合、営業時間の短縮要請などが可能な「まん延防止等重点措置」への移行を政府に求める方針を決定した。大規模商業施設への土日の休業要請など現行の措置内容を段階的に緩和し、社会経済活動と感染対策の両立を図る狙いだ。

 吉村洋文知事は会議冒頭で「リバウンドは何としても防がないといけない。まん延防止を適用して、継続して感染対策を取ることが重要だ」と強調した。

 会議に先立ち、吉村氏は京都府の西脇隆俊知事、兵庫県の井戸敏三知事と協議。まん延防止への移行要請で共同歩調を取る見通し。