2021年6月16日 13:37

金正恩氏「食糧事情切迫」 党総会開幕、対米討議も

 【北京共同】北朝鮮の朝鮮中央通信は16日、朝鮮労働党中央委員会総会が15日開会したと伝えた。金正恩総書記は初日の会議で、昨年の台風被害により穀物生産目標を達成できず「人民の食糧事情が緊張(切迫)している」と懸念を表明。食糧不足を認め、積極的な対策が必要だと強調した。

 総会開催は今年2月以来。数日間続くとみられ、経済対策や党の機構改編のほか「国際情勢の分析と党の対応方向」が議題として上程された。

 バイデン米政権は非核化に向けた対話再開を呼び掛けているが、北朝鮮側は応じていない。金氏がどのような立場を示すかが焦点だ。