2021年6月16日 18:12

グンゼ、中国・新疆綿使用中止へ 人権問題の懸念広がり考慮

 グンゼは16日、強制労働問題の懸念が広がっている中国新疆ウイグル自治区で生産されている綿について、自社製品への使用を中止する方針を明らかにした。「生産工程に強制労働の問題はなかったが、人権問題の懸念の広がりを考慮した」としている。在庫の販売は継続する。

 グンゼによると、はきやすさを重視した靴下「ハクケア」シリーズの一部に、新疆綿を使っていた。別の素材に変更するとしている。これ以外に新疆綿の使用は確認されていないが、引き続き調査する。

 国内の衣料品メーカーではミズノが新疆綿の使用中止を決めるなど原料の切り替えの動きが出始めている。