2021年9月22日 21:14

バレーの荒木絵里香、引退を発表 東京五輪女子主将

 バレーボール女子のVリーグ、トヨタ車体は22日、東京五輪代表の主将を務めた荒木絵里香(37)の引退を発表した。今後はチームの業務に携わる。

 荒木は2008年北京大会から4大会連続で五輪に出場。14年に長女を出産した後も、第一線でプレーを続けた。

 「世界を相手に戦ってきたこと、結婚出産後も継続できた経験を今後はバレーボール、スポーツ界に限らず、伝えていけたらと考えています」とコメントした。10月5日に引退会見を行う。