2021年9月24日 16:32

枝野氏、敵基地攻撃を否定 「ミサイル防衛力は強化」

 立憲民主党の枝野幸男代表は24日の記者会見で、弾道ミサイルを相手国領域内で阻止する「敵基地攻撃能力」の日本による保有に否定的見解を示した。「自衛隊が自前で獲得する能力としては現実的でないというのが専門家の圧倒的指摘だ」と述べた。北朝鮮などの脅威に対しては、先端技術開発を含めたミサイル防衛能力の強化で対処すると説明した。日米同盟で米国が日本の「矛」の役割を担うとも主張した。

 立民が発表した外交・安全保障に関する政権公約では、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の同県名護市辺野古への移設中止を掲げた。

 枝野氏は「真摯に交渉すれば米国の理解は得られる」と訴えた。