2021年10月16日 14:01

尼崎女性刺殺、顔見知りの男か 死亡は28歳事務員

 兵庫県尼崎市昭和通4丁目のマンション敷地内で女性が刺され死亡した事件で、現場からバイクで逃走したのは女性の顔見知りの男の疑いがあることが16日、捜査関係者への取材で分かった。県警は逃走に使われたとみられる血痕のようなものが付着したバイクを押収した。

 尼崎南署は同日、女性の身元を住人の医療系事務員森本彩加さん(28)と発表し、殺人事件として同署に捜査本部を設置し、男の行方を追っている。

 マンションの駐輪場の通路に多量の血痕が残っていたことも、近隣住民らへの取材で判明。捜査本部は帰宅直後にこの通路で襲われた可能性があるとみて詳しい経緯を調べている。