2021年10月18日 20:30

バルタン星人の生みの親が死去 元TBSの飯島敏宏さん

 「ウルトラマン」シリーズを手掛け、バルタン星人の生みの親として知られる元TBSプロデューサーの飯島敏宏(いいじま・としひろ)さんが17日午後8時59分、誤嚥性肺炎のため横浜市の病院で死去した。89歳。東京都出身。葬儀は近親者で行う。喪主は妻弘子(ひろこ)さん。

 1957年にラジオ東京(現TBSホールディングス)に入社し、特撮シリーズ「ウルトラQ」「ウルトラマン」などの脚本や演出を担当。

 「ウルトラマン」で人気怪獣「バルタン星人」が初登場した第2話の演出と脚本を担当し、バルタン星人の生みの親として知られる。脚本家としてのペンネームは千束北男。