2021年10月21日 11:11

立山と白山で初冠雪 昨年より4日遅く

 富山、金沢の両地方気象台は21日、富山県の北アルプス立山(3015メートル)と、石川、岐阜両県などにまたがる白山(2702メートル)で初冠雪を観測したと発表した。

 立山の初冠雪は平年より9日、昨年より4日遅かった。白山は平年並みで、昨年より4日遅かった。

 富山地方気象台によると、職員が午前9時ごろ、立山山頂付近が白く雪に覆われているのを気象台から目視で観測。金沢地方気象台の職員も目視で白山の冠雪を確認した。