2021年10月21日 18:32

日常的に園児への虐待、福岡 5歳児置き去り死の保育園

 福岡県中間市で7月、送迎バスに倉掛冬生ちゃん(5)が置き去りにされ、熱中症死する事件が起きた双葉保育園について、県は21日、特別監査で認定した職員による園児への体罰や暴言などの虐待が日常的に行われていたことを明らかにした。

 県によると、2019年から21年にかけ、複数の職員が園児の頭をたたいたほか「ばか」「好かん」といった暴言を繰り返していた。冬生ちゃん死亡後の今年9月にも、別の園児の足を取り、逆さに持ち上げたことを確認。園では、職員間でこうした行為を止められない状態が続いていた。

 県と市は9月以降、特別監査をし、職員や保護者ら計31人に聞き取りをした。