2021年12月2日 15:22

新春へ、大しめ縄張り替え 和歌山・熊野本宮大社

 和歌山県田辺市の世界遺産・熊野本宮大社で2日、神門の長さ約4・5メートル、重さ約250キロの大しめ縄が張り替えられ、縄の上に飾る干支の大絵馬も丑から来年の寅へと替わった。九鬼家隆宮司(65)は「新年へ向け気持ちが引き締まる思いだ。絵馬には『光』の文字を書いた。来年は新型コロナ感染が収束し、光ある年になるよう願っている」と話した。

 大しめ縄は三重県紀宝町の農業榎本政子さん(88)が奉納しており、今年で38年目。稲わら約2千束を使って家族や友人らと約1カ月かけて編んだ。榎本さんは「平和な世であるように祈りながら作った」と話し、新しいしめ縄を見上げていた。