2022年5月21日 15:32

ロシア勢のパリ五輪参加は不透明 国際舞台への復帰めど立たず

 【ローザンヌ(スイス)共同】国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長は20日の総会後の記者会見で、ウクライナに侵攻したロシアの選手が国際舞台に復帰するめどについて「シナリオはない。事態を注視していく」と話すにとどめた。2024年パリ五輪では今年から予選大会が始まる競技もあり、ロシア勢の参加は不透明な状況となっている。

 IOCは2月、ロシアと侵攻を支援したベラルーシ両国の選手、役員を国際大会から除外するように全ての国際競技連盟(IF)などへ勧告。バッハ会長は両国へ反発する他国の感情を配慮した判断だとし「制裁ではなく保護」と主張した。