2020年2月14日

最優秀に河崎君兄弟 読書絵てがみ感想文コン

 第38回とっとり読書絵てがみ・感想文コンクール(鳥取県学校図書館協議会、新日本海新聞社主催、日本生命鳥取支社特別協賛)の最終審査会が13日、倉吉市上井町1丁目の日本海新聞中部本社ホールであった。最優秀賞の県知事賞は、絵てがみ部門で河崎聖良(せら)ちゃん(賀露みどり保育園)、感想文部門には河崎優良(ゆら)君(賀露小5年)の作品が選ばれた。

 コンクールは県内の幼児、児童を対象に作品を募集し、絵てがみ部門に1276点、感想文部門は101点の合計1377点の応募があった。

 同協議会の岩井真保事業部長(逢坂小校長)ら10人が審査し、内容を吟味しながら各賞を選定。日本生命鳥取支社長賞(団体賞)には絵てがみ部門で逢坂小(鳥取市気高町)、感想文部門で神戸小(同市)を選んだ。

 表彰式は3月1日、日本海新聞中部本社ホールで行われる。(池田悠平)

 このほかの入賞者は次の皆さん。

 【絵てがみ】県教育長賞=浜田楓(渡小3年)▽県学校図書館協議会長賞=苦田奏(湖山西小6年)▽入選=野坂樹生(美哉幼稚園)池原綜真(中ノ郷小1年)木下佳保(逢坂小3年)黒田翔斗(湖山西小6年)

 【感想文】県議会議長賞=西尾瑛麻(郡家西小3年)▽新日本海新聞社主賞=小椋日生希(関金小1年)▽入選=中尾香月(逢坂小1年)河崎美空(賀露小2年)中田多笑(八東小4年)宅野麻央(岩倉小6年)