2020年2月19日

鳥取に開発拠点 車載用地デジ受信機手掛ける企業

 世界最小の車載用地デジ受信機や制御ソフトウエアの設計開発を手掛けるエムズ・スタイル・テクノロジー(大阪市)が3月中旬に鳥取市に研究開発拠点を設けることになり18日、鳥取県、同市と進出協定を結んだ。2025年までに13人の地元雇用を計画しており、県内企業との連携も見据える。

会員登録すると続きをお読みいただけます。