2020年3月26日

内堀の一部と腰郭石垣発掘 湊山球場にも遺構可能性

 米子市文化振興課は25日、国史跡・米子城跡(同市久米町)の本年度の発掘調査で、三の丸と武家屋敷を区画する内堀の一部と、史料で本丸南側にあるとされた水手御門腰郭(こしくるわ)の石垣を確認したと発表した。内堀は正確な位置が確定していなかったが、市営湊山球場(同)にも遺構がある可能性が高まったとしている。

会員登録すると続きをお読みいただけます。