2020年3月26日

森友事件 売却当事者、値引き8億円「問題ある」

 森友学園に国有地が8億円も値引きされ販売された森友事件で、売却を担当した財務省近畿財務局の職員が、自殺した職員の妻に対し「8億の算出に問題がある」と打ち明けていたことが初めて明らかになった。売却の直接の担当者の“新証言”は、これまでの政府の説明や財務省の報告書の内容を覆す“新事実”であり、

会員登録すると続きをお読みいただけます。