2020年3月27日

献血協力者減ってます 「予約対応」呼び掛け

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、鳥取県内で輸血用血液が不足する可能性が出ている。献血バスの受け入れ中止や、外出の自粛により献血の協力者が減少。現状では在庫が確保されているものの、終息の見通しは立っておらず、

会員登録すると続きをお読みいただけます。