2020年7月14日

品質と補修時期、判断ミスが原因 琴浦の風車破損

 今年1月に日本風力開発ジョイントファンド(東京都)が設置した東伯風力発電所4号機(琴浦町金屋)で風車の羽根が破損した事故で、同社の塚脇正幸社長が13日、鳥取県庁で平井伸治知事、小松弘明琴浦町長と面談し、製造時の品質と設置後の補修時期の判断の誤りが原因だったと報告した。謝罪し、再発防止にり組む考えを示した。

会員登録すると続きをお読みいただけます。