2020年8月5日

75年目の証言 ヒロシマの記憶から(上)

 米軍の爆撃機が広島市に原爆を投下した1945年8月6日から、今年で75年を迎える。あの日、広島で何があり、惨禍の中で人々はどう歩んできたのか。語り部となる体験者が減り、記憶の風化が懸念される中、鳥取県内の被爆者や体験者の証言に耳を傾ける。

会員登録すると続きをお読みいただけます。