2020年8月10日

交通事故の衝撃驚き JAFが体験イベント

 境港市のSANKO夢みなとタワーで9日、日本自動車連盟(JAF)鳥取県支部による交通安全イベントがあった。開催中の「リアルなぞときゲーム ネコひげ海賊団と人魚の塔に眠る秘宝」(夢みなと公園まつり実行委員会主催、新日本海新聞社共催)とともに来場者を楽しませた。

 「夢みなと公園夏まつり」のイベント。交通規則に関するクイズに答え記念の免許証をもらうコーナーなどがあり、親子で楽しみながら交通規則を学んだ。

 時速5キロでの自動車事故の衝撃を体験する機材「シートベルトコンビンサー」に乗った同市誠道町の中村心乃助君(7)=余子小2年=は「すごい衝撃。シートベルトをしていてよかった」と驚いた様子。母親の真弓さん(39)も「5キロでこの衝撃とは。駐車場や子どもが飛び出してきそうな場所では運転に気をつけたい」と話した。

 10日は1階多目的ホールで、子どもから大人まで楽しめる「ニュースポーツ」のイベントがある。(本高屋修)