2020年8月13日

続く猛暑 熱中症注意 搬送6割高齢者

 鳥取県内では梅雨明け以降、高温が続き熱中症の搬送件数が急増している。8月はこのうち4件が重症。県は水分補給に加え、周囲の人との距離が確保できる場合はマスクを外して休憩するなど、熱中症への警戒を呼び掛けている。

会員登録すると続きをお読みいただけます。