2020年8月13日

コロナ禍の夏の過ごし方 「自宅こもる」81%

 新日本海新聞社は鳥取県内の本紙インターネット会員を対象に、新型コロナウイルスの感染が拡大する中での生活などに関する意識調査を実施した。夏の過ごし方に関する設問では、81・5%が「基本的に自宅にこもる」と回答。「出掛ける予定がある」の18・5%を大幅に上回り、

会員登録すると続きをお読みいただけます。