2020年9月16日

時効消滅した債権に督促状送付 生活保護費返還金

 米子市は15日、時効によって債権が消滅している市民93人に対し、誤って生活保護費返還の督促状を送付していたと発表した。地方自治法上、返還金は5年の時効で債権が自動的に消滅するとの認識が不十分だったと説明している。

会員登録すると続きをお読みいただけます。