2020年9月20日

“特別な夏”臨場感再び 倉吉で高校野球写真展

 新型コロナウイルスの影響で中止となった全国高校野球選手権鳥取大会の代替大会「わかとり夢の特別大会2020年夏季鳥取県高校野球大会」の中部勢の活躍を回顧する写真展「伝説が生まれた特別な夏」(新日本海新聞社主催、東宝企業共催)が19日、倉吉市山根のパープルタウン特設会場で始まった。優勝した倉吉東高など中部地区6校の健闘シーンがよみがえり、来場者らの目を楽しませている。10月11日まで。

 甲子園への挑戦権は得られなかったが“特別な夏”を経験した高校球児たちの熱戦の様子を写真で振り返る企画展。

 会場では、倉吉東高野球部の初戦から決勝までの軌跡を写真で紹介。また、同校と接戦になった倉吉北高や倉吉総産高など県中部の各校の迫力ある試合風景を日本海新聞の記事とともに振り返っている。

 展示写真は40点。ガッツポーズでホームインする様子や渾身(こんしん)の一球を投じる姿など、臨場感あふれる球児たちの写真が訪れた市民らを魅了している。近くから来店した女性(54)は「頑張っている選手たちの生き生きとした姿に感動した。特別な夏になったが、思い出に残ったのでは」と思いをはせた。

(田中美千留)

関連特集