2020年10月7日

自分守る備えを 根雨、黒坂小で避難訓練

 鳥取県西部地震から20年となった6日、最も大きな被害を受けた日野町の根雨小と黒坂小で地震を想定した避難訓練があった。黒坂小(同町黒坂、下村敏彦校長)では訓練後、自主防災組織の代表らが当時の被害や町の様子を話し、児童は防災意識を新たにした。

会員登録すると続きをお読みいただけます。