2020年10月17日

民営化から2年余の鳥取空港 コロナ禍、利用失速

 2018年7月に民営化された鳥取砂丘コナン空港(鳥取市)の経営が、新型コロナウイルス感染症の影響で苦戦している。今年2月までは航空機の乗降客数、空港ターミナルビルの来場者数とも順調に推移したが、3月以降にコロナ禍で失速。全日本空輸の鳥取-羽田便の減便が続く中、漫画「名探偵コナン」関連の展示などを売りに現状を打開しようとしている。

会員登録すると続きをお読みいただけます。