2021年1月8日

厳寒 軒並み氷点下 鳥取県内、9日にかけさらに降雪

 鳥取県内が暴風雪に見舞われた7日、列車や空の便の運休や学校の臨時休校が相次ぎ、市民生活に影響が出た。県内は9日にかけて大雪となる見込みで、鳥取地方気象台は強風や雪による見通しの悪化、倒木、水道管の凍結などに引き続き注意を呼び掛けている。

会員登録すると続きをお読みいただけます。