2021年1月9日

一面、氷の世界 路面や水道管凍結相次ぐ

 この冬一番の寒気が流れ込んだ影響で、鳥取県内は8日、米子市や倉吉市、鳥取市湖山など7観測地点で最高気温が氷点下となる「真冬日」となった。真冬日は米子、倉吉両市が3年ぶり、湖山は17年ぶり。寒波は10日まで続く見込みで、鳥取地方気象台は積雪や路面の凍結による交通障害、水道管の凍結に注意を呼び掛けている。

会員登録すると続きをお読みいただけます。