2021年1月14日

情報コーナー活用策求める 地域づくりネットワーク

 鳥取県中部の道路を有効活用しようと、国交省倉吉河川国道事務所(山田明所長)と連携して「道の活用検討会」を開く地域づくりネットワーク(福田京子代表)は13日、本年度の活動状況を同事務所に報告した。アンケートなどの結果、各市町にある道の駅の情報提供コーナーが上手に活用できていないことが

会員登録すると続きをお読みいただけます。