2021年1月16日

鳥大医学部が開発成功 次世代がん治療用ウイルス

 鳥取大医学部(鳥取県米子市西町)医学科の中村貴史准教授らの研究グループは15日、がんへのウイルス療法に用いる「次世代がん治療用ワクシニアウイルス FUVAC(ヒューバック)」の開発に成功したと発表した。難治性進行がんなどへの新たな治療法として期待される。

会員登録すると続きをお読みいただけます。

関連特集