2021年3月3日

申請少なく利用低調 鳥取市の受験生PCR検査費助成

 鳥取市が設けた受験生のPCR検査費助成制度の利用が伸び悩んでいる。最大2500人分の利用を想定するが、1日現在で申請は27人。志望校に合格するまで検査を受けづらい心理が背景にあるとみられ、市の担当者は「市内に戻ってから14日以内の検査は補助対象。不安な人は活用してほしい」と呼び掛けている。

会員登録すると続きをお読みいただけます。