2021年4月6日

社会生活に新聞活用を 鳥信の新入職員に講座

 鳥取市栄町の鳥取信用金庫で2日、新日本海新聞社の「社会人のための新聞講座」が開かれ、新入職員14人が社会生活に役立つ新聞の活用法などを学んだ。

 新社会人に新聞に親しんでもらおうと県内の事業所などを対象に行っているNIB(ビジネスに新聞を)活動の一環。本社読者センターの担当者が、ネットと新聞の違いや短時間で内容を把握できる新聞の読み方などを説明した。

 新入職員は気になった記事を選び、理由を発表する1分間プレゼンにも取り組み、廃校舎の再利用など身近な話題に関心を寄せた。

 岡坂怜奈さん(20)=兵庫県新温泉町久谷=は「スマホばかりで新聞にあまり親しむことがなかったが、この学びを生かしてこれからは新聞を読む習慣を付けていきたい」と話した。(石井義則)