2021年4月7日

気軽に手に取って 「みみちゃんプレス」保存し公開

 鳥取市鹿野町の鹿野町農業者トレーニングセンターで、本紙が日曜日に発行している子ども新聞「みみちゃんプレス」がクリアファイルに保存され、公開されている。センターを利用する子どもたちが、手に取り興味深そうに目を通している。

 同センターは、近くの鹿野学園の児童、生徒らが放課後に習い事や部活動などで利用することが多い。子どもたちに待ち時間を利用して新聞に触れてもらおうと、同センターに事務所がある鹿の助スポーツクラブの永原初雄さん(67)が発案した。

 永原さんはA2判クリアファイルを自前で購入し、同センターに今まで保存されていた「みみちゃんプレス」をとじ込んだ。今後の発行分も随時、保存していく考えだ。

 永原さんは「『しごと図鑑』や『たのしく!自然観察』、オリンピックの話題などわくわくさせるような企画がたくさん載っていて、とても読みやすい。子どもだけでなく誰でも気軽に足を運んで、手に取って読んでほしい」と多くの利用を呼び掛けている。(鹿野通信部・池本智美部長)

関連特集