2021年4月24日

医療従事者を応援 草間彌生展のチケット寄贈

 新日本海新聞社と協賛社7社は23日、新型コロナウイルス感染拡大に尽力する医療従事者を応援しようと、米子市内の3病院に「草間彌生展」のチケット計300枚を贈った。

 同展は24日から市美術館で開幕。休日などに鑑賞して疲れを癒やしてもらおうと、博愛病院(同市両三柳)、山陰労災病院(同市皆生新田1丁目)、鳥取大医学部付属病院(同市西町)に100枚ずつ贈呈した。

 博愛病院では、新日本海新聞社の吉岡徹社長が「コロナで苦労されている皆さんに、芸術を楽しんで一時でも安らいでもらえれば」と石部裕一理事長に目録を手渡した。石部理事長は「職員一同ストレスも多い中で、このような機会を利用してリフレッシュにつなげたい」と感謝した。(平塚千遼)