2021年5月5日

「花に団子」はがき人気 片岡鶴太郎展、物販コーナー

 倉吉博物館で開催中の画業25周年・芸能生活45周年記念「片岡鶴太郎展 顔-faces-」(倉吉市、新日本海新聞社など主催、倉吉信用金庫特別協賛)で、物販コーナーが人気を集めている。作品を見終わった人が立ち寄り、お気に入りの品を探している。

 片岡さんの初期作品から新作、未発表作品など約100点が展示されている。来館者は絵はがき、クリアファイル、しおり、タオル、書籍、画集など約180種類が並ぶ物販コーナーで、鑑賞の余韻を楽しんでいる。

 人気は倉吉のご当地作品パステル画の「花に団子」や椿(つばき)モチーフのポストカード。また、数種類のグッズを集めた「子どもの日セット」「椿セット」などが、数量限定で販売され、お買い得となっている。

 同市福庭町1丁目の山本弘美さん(62)は「作品にパワーを感じた。気に入った作品のポストカード6、7枚を購入した。飾ったり、友人に送ったりしたい」と話していた。

 23日まで。6、10、17日は休館。(加嶋祥代)