2021年5月23日

草間彌生展1万5千人突破 米子の西田さんに記念品

 米子市美術館で開催中の「フォーエバー現代美術館コレクション草間彌生展」(米子市、新日本海新聞社主催、山陰酸素グループ特別協賛)の入場者数が22日、1万5千人を突破した。節目の入場者は同市下新印の無職、西田優香さん(39)で、伊木隆司市長から草間さんの作品を模したカボチャの「ソフト・スカルプチャー」などの記念品が贈られた。

 家族3人で訪れた西田さん。突然の宣告に「びっくりです」とはにかんだ。新型コロナウイルスの感染拡大で昨年の同展が中止となり、開催を心待ちにしていたという。「草間さんの作品は『かぼちゃ』と『カラフル』ぐらいのイメージしかない。いろんな作品を知り、楽しみたい」と話し、展示室に入っていった。

 同展は前衛芸術家・草間さんの絵画、版画を中心に134点を展示している。30日まで。(本高屋修)