2021年9月15日

中山間地 豪雨で農業用水破損 仮復旧も維持不安

 山陰地方を襲った7月の豪雨で被災した若桜町内の中山間地集落が、高齢化による人手不足に苦しんでいる。自然災害の頻発と激甚化により「総事(そうごと)」と呼ばれる地域住民による共同作業では手に負えず、集落機能の維持が次第に難しさを増してきた。町も復旧費のかさ上げなどで支援するが、このままでは棚田など若桜の誇る美しい風景が失われる危険性もはらんでいる。

会員登録すると続きをお読みいただけます。