2021年10月14日

令和と万葉と山陰 山陰はすごい!(36)

言葉にこめられた万葉人の 感じ方・考え方(2) 「心・命」

 前回に続いて万葉集の言葉に込められた古代の人々の心情や考え方について述べてみる。

 まず「心(うら)」について。「心」は現代では「こころ」と言うが、万葉集の時代には「こころ」とも「うら」とも言っている。

会員登録すると続きをお読みいただけます。