2021年10月15日

わが家で最期の時を 大山町舞台、映画製作進む

 「在宅みとり」をテーマにした映画の製作プロジェクトが、大山町で進んでいる。同町を舞台に、がんを患う祖母のみとりを通して主人公の気持ちの変化を描く40分の短編映画。製作スタッフは「家での最期の時を描きたい」と意気込んでいる。来年3月公開予定。

会員登録すると続きをお読みいただけます。