2021年11月29日

さよなら倉吉ラグビー場 愛好者ら名残惜しむ

 2025年春開館の鳥取県立美術館の建設地で、今年いっぱいで閉鎖される倉吉市営ラグビー場(同市駄経寺町2丁目)に最後の別れを告げようと28日、社会人や高校生チーム、OB選手など多くの愛好者が同所に集まり、記念撮影を行った。撮影前のタッチフットボール大会では約40人が熱戦を繰り広げ、それぞれが慣れ親しんだ“聖地”に感謝の気持ちを伝えた。

会員登録すると続きをお読みいただけます。