2022年5月14日

食材高騰長期化 学校給食やりくり厳しく

 天候不順による不作やコロナ禍、ロシアによるウクライナ侵攻、円安など複合的な要因で食材が値上がりし、鳥取県内の小中学校の学校給食にも影響を及ぼしている。本紙調査によると、小麦や油脂類などの著しい価格上昇が響き、4町が保護者負担や公費増額で給食費の単価の値上げに踏み切った。県内産品の活用やメニューの工夫でしのいでいるが、高騰傾向の長期化に関係者は頭を悩ませている。

会員登録すると続きをお読みいただけます。

関連特集