2022年5月16日

県内113人感染 クラスター3件 15日

 鳥取県は15日、新たに113人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。鳥取、倉吉、米子の3市で新たに3件のクラスター(感染者集団)も確認した。

 クラスターとなった鳥取市の社会福祉施設は12~13日に利用者と職員12人、倉吉市立成徳小は10~14日に関係者9人、米子市立福生中は9~12日に関係者8人の陽性が判明した。成徳小は11日から臨時休校、福生中は感染場所と推定される一部学級を12日から閉鎖している。

 新規感染者の内訳は米子59人、鳥取市35人、倉吉19人。県内の累計の感染者数は1万3686人となった。

新型コロナ感染状況(15日)

 【鳥取県教委】米子養護学校で複数人。15日から中学部を閉鎖。境高は学校活動を再開。

 【北栄町教委】大栄小と北条こども園の関係者各1人。16日を臨時休校、休園する。

 【米子市教委】福米中と弓ケ浜中でそれぞれ学校関係者1人。16日に一部を学級閉鎖し計約70人をPCR検査する。既に感染が確認された箕蚊屋、福生両中と福米東小は16日から再開。

 【境港市教委】境小の関係者1人。15日から一部学年を閉鎖し、消毒を実施した。関係者約50人のPCR検査を行う。