2022年5月20日

鉄道、バスに共通定期券 鳥取-若桜間今秋実証実験

 鳥取県は19日、今秋から鳥取-若桜間で鉄道と路線バスの両方に定額で乗車できる共通パスを導入する実証実験を行う方針を明らかにした。鉄道とバスを一体的に利用でき、鳥取-若桜間の便数は鉄道14往復、路線バス15往復を合わせた計29往復となる。鉄道とバスの共通パス導入は全国でも珍しく、県内では初めて。

会員登録すると続きをお読みいただけます。

関連特集